専門的な工具をはじめ知識が必要

しかし、自分で交換をしようとしても、部品が無かったりしますので、そのような場合には、いつでも弊社にご連絡いただけると良いです。交換をするのにタンク部分から配管まで分解していく必要があり、専門的な工具をはじめ知識が必要です。